ハリセンボンフィーバー☆・国内海外問わず、芸能ニュースをいち早く取り入れ、で勝手に一言いわせていただきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリセンボンフィーバー☆


お笑い界に掃いて捨てるほどいる“女ブサイク芸人”の中で“ポスト・森三中(黒沢宗子・村上知子・大島美幸)”といわれ、脚光を浴びているのがハリセンボンだ。


カンニング竹山似の近藤春菜(24)が連発する“じゃねぇよ”“じゃかぁしいわ”など切れギャグに対し、非常に地味なリアクションで答える出っ歯で幸薄そうな箕輪はるか(27)の2人組。

2人は吉本興業所属で、結成わずか4年でヒノキ舞台に立てるようになったシンデレラガールだ。
 

かなりインパクトのあるビジュアル。

一回見るの絶対忘れられないあのキャラクター。

中途半端じゃないのがいいですよね。

でも、ビジュアルだけじゃないく実力があるから、

ここまで上ってこれたんでしょうね。

ある人気放送作家が行語っています。

「2人がブレークできたのはブサイク顔だけが理由ではない。自分たちの役割をあれだけ理解している女芸人も珍しい。どの共演者を立てたらいいのか、自分たちが露出すべきところはどこかをよく心得ている。演出者にとってかゆいところに手が届く希少な芸人です」

えらい絶賛されてますね。

女性人気もかなり高いとのこと。

女性の場合は、そのビジュアルに安心感と優越感を持つんでしょうね・・・

現在2人は「YOUたち!」(日テレ)、「オビラジR」(TBS)など計7本のレギュラー番組を抱える売れっ子。

10月改編ではハリセンボンの初冠番組が各局で誕生するという。

あの島田紳助や松本人志も2人を高く評価しているみたいですね。

今後の活躍が楽しみです☆

(引用 Yahoo!ニュース)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070331-00000005-gen-ent&kz=ent

スポンサーサイト
Copyright © 芸能ニュースが気になるの☆ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。