「いろいろありまして……」竹内結子☆・国内海外問わず、芸能ニュースをいち早く取り入れ、で勝手に一言いわせていただきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いろいろありまして……」竹内結子☆


29日、芥川賞作家長嶋有のデビュー作を『雪に願うこと』の根岸吉太郎監督が映画化し、竹内結子が主演した『サイドカーに犬』の完成記者会見が行われ、主演の竹内結子、少女・薫を演じた松本花奈、根岸吉太郎監督が登壇した。

お久しぶりですね。竹内結子さん。

撮影は昨年(2006年)の9月中旬から10月中旬にかけて行われたのだが、この時期はちょうど竹内がプライベートな問題でマスコミを騒がせていたのと同時期ということで、どうしても気になるのは、撮影時の竹内の心境だ。

もちろんプライベートな質問は禁じられていたが、役柄について質問された竹内が思わず「個人的にもいろいろありまして」と口走ってしまったほど、タイミングといい、実生活と映画が重なるような役柄といい、当時はかなり複雑な心境だったことがうかがえた。

それにしても竹内さんは強い女性ですね。

あんなことがあったにも関わらず、きちんと役を演じきる。

かなり辛かったでしょうね・・・

緊張のためか、終始伏し目がちのまま低い声でボソボソ話す竹内。自身が演じた役柄について

「一体自分が何をやっているのかというむなしさ、そんな自分を笑いたい気持ちと、自分が哀れに思えて泣けてきたという心境でしょうか」と解説し、取材陣は思わず竹内自身のプライベートとだぶらせて静かに聞き入ってしまった。

その後も、「自分に対してあきらめてはいけないと思った。自分の人生、切り開かなきゃいけない」と意味深な発言を連発、“いろいろあった”人だからこそ言えるこれらの含蓄のある言葉は、作品を鑑賞するときにも大いに役立ちそうだ。

子供もいるのに・・頑張って欲しいですね。

それにしても、中村獅堂さん。今の竹内さんを見て、

もっと改心して欲しいですね。

家庭をもったなら、最後まできちんとして欲しいものです。

(引用 Yahoo!ニュース)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070330-00000007-flix-movi&kz=movi

スポンサーサイト
Copyright © 芸能ニュースが気になるの☆ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。