話題の新番組がつまずいた訳・・・・国内海外問わず、芸能ニュースをいち早く取り入れ、で勝手に一言いわせていただきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話題の新番組がつまずいた訳・・・


あの日、フジテレビの報道フロアはお通夜の雰囲気だったのではないか。今月1日、4月改編のトップバッターとして鳴り物入りでスタートした新番組「新報道プレミアA」の視聴率が8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、惨憺たるものだったのである。

「『新報道』は『EZ!TV』『スタ☆メン』に続いて始まった日曜夜の情報番組です。

新番組は“顔”として“フジのニュースの女帝”安藤優子と、『ニュースJAPAN』のキャスターとしてオジサンに大人気の滝川クリステル、さらにコメンテーターにジャーナリストの桜井よしこを持ってきました。3人が顔を揃えることで、新番組は早くから話題になり、視聴率15%以上を記録するのは確実とみられていました」(放送ライター)

かなりの不発ですね・・・・

前々から、話題になってたのに、

ナンデこんなに視聴率伸びなかったのでしょうか・・

 

ところが、フタを開けてみると視聴率は10%にも届かなかった。理由としてまず考えられるのは、企画がイマイチだったこと。

“硬派”な安藤が独自ネタにこだわったのか、しょっぱなが〈スクープ!拉致新証言 北にいる生存者の影〉で、日曜夜のニュースとしてはこだわりが強すぎた。

確かに・・・日曜のあの時間にこんな硬い番組はなかなか見にくいでしょう。

番組の中心を占拠していた安藤の責任論も浮上している。準備期間中、安藤は滝川に対抗心を燃やして「恋愛やスキャンダルには気を付けて」「衣装が派手すぎる」などとプレッシャーをかけていたという。それが新番組でモロに出てしまったというのだ。

き・・・厳しすぎすんじゃ・・・

あくまで日曜の夜です。

それこそ、家族が揃ってテレビを見る時間帯・・・

あまりお堅いのもどうかと・・

構成作家の山田美保子氏が言う。

「滝川さんは2人の先輩に気を使い過ぎて委縮しているように見えました。彼女の持ち味である冷静さと新鮮さが失われていましたね。また、安藤さんは肩に力が入りすぎて、空回りしている印象でした。平日ならまだしも、リラックスできる日曜の夜に、前のめりの安藤さんを見たい視聴者がどれだけいますか……」

 次回放送は都知事選挙の投開票日。新番組にとってはチャンスだ。一気に浮上となるか……?

せっかくの豪華メンバーなのに・・・

空回りしすぎないように次に期待ですねぇ。

(引用 ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © 芸能ニュースが気になるの☆ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。